中古ダンプを購入する際に確認しておきたいポイント

Category

Calendar

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

中古大型ダンプカーを購入する際の注意点

「新しく会社をたちあげ、大型ダンプカーが必要になったが高額で断念した」そんなこともあるのではないでしょうか。それなら中古を検討してみましょう。中古なら、新車よりも数段安く購入できます。中古だから機能が悪いのではないかと心配する人もいますが、きちんとメンテナンスをしている大型ダンプカーは良い状態を保てているので安心です。
大型ダンプカーを購入するときは、事故歴を確認しておきましょう。特に安く販売されているものは事故車であることも考えられるので要注意です。事故歴がある場合、それをきちんと伝えてくれるショップを選びましょう。
購入するときは、できるだけ店舗を構えているショップを選択しましょう。インターネット販売よりも価格は少し高くなりますが、その場で隅々までチェックできるのがメリットです。車体のキズやへこみを見ておくことも大切ですが、ガラスもチェックしておきましょう。水垢をすぐに拭き取らずに放置していたものは、うろこになっている可能性もあります。そうすると窓ガラスがくもって見づらくなるので注意しなければなりません。光の加減で判断できないこともあるので、フロント、サイドなどいろいろな角度から見ておくべきです。

大型のダンプを中古で購入する際は不具合を確認

大型のダンプなどはプライベートで利用するという人もおらず、中古で購入するというのは難しいのではないかと考えている人もいますが、大型のダンプも中古で購入することは十分可能です。
トラック販売店においては、トラックやダンプなどを購入された際、今まで乗っていたダンプなどを下取りに出される方も少なくはありません。そのため、トラック販売店では、新車だけではなく、中古の大型ダンプの販売をされているケースが多いのです。
もしも大型のダンプが必要であれば、選ぶときのポイントがあります。車を選ぶときは事故歴がないか、走行距離はどれくらいかなどが中古車選びの基準となりますが、大型のダンプの場合はそれに加えて積載量も大きなポイントとなります。
大型のダンプを購入するということは、積載車として利用されることと思います。そのため、どれ程大きなダンプであっても、積載量が少ないと意味がありません。積載量はそれぞれのダンプによって異なりますので、物を多く積む予定がある場合は、見た目の大きさに惑わされることなく、積載量を確認することが大切となります。
また、中古の大型のダンプを購入する際には、物を積んだ時に不具合がないかなども確認しておくと安心です。

Contents